子供達

子供の成長を願って|破魔弓を贈る理由や選び方

出産内祝いのマナー

赤ちゃんとママ

結婚し、出産をするとその祝福として多くの人から結婚祝いや出産祝いをもらいます。そしてそのお返しをするのですが、初めての出産の人は何をしていいのか分からないこともあると思います。今回はそのマナーなどについて見て行きましょう。出産内祝いというのはもともと、親しい人々へ赤ちゃんのお披露目として行なわれた内々のお祝いのことです。現在では一般的に、出産祝いへのお返しとして贈られています。出産内祝いの金額は、頂いた出産祝いの三割ほどが良いとされています。多すぎても少なすぎてもマナー違反です。また、生まれて2週間から一月を目安にお返しをしましょう。出生届けの期限や外出許可、お宮参りなどが関係するからです。また、出産後は体調が悪くなったり赤ちゃんのお世話が大変になったりと忙しくなるため、なるべく出産前に出産内祝いの準備は済ませるようにしましょう。購入先のサービスを使い、郵送するのも便利ですが、特に親しい人々には直接手渡すのも思いが込められていいと思います。子供のお披露目も同時に行なえて、感謝の気持ちを直接伝えることができます。出産内祝いに向いている贈り物は、お菓子や飲み物などのセットや、タオルなどの日用品が最近人気です。注意する点は、賞味期限が短いものや、名前や写真が入っていて使いづらい日用品は選ばないことです。また、相手の好みではないものを贈ってしまった場合も迷惑なので、一般的に何が選ばれるのかなどリサーチするのも大事です。また、のしやお礼状も失礼のないようにしましょう。